もしかしたら詐欺かも!?初心者が注意すべき宣伝文句とは?

もしかしたら詐欺かも!?初心者が注意すべき宣伝文句とは?

英会話の市場規模は大きく、至る所でCMや広告が流れていますよね。

そしてその多くは人を呼ぶこむために、キャッチーなフレーズや甘い宣伝文句が掲げられています。

しかし、その宣伝文句は本物でしょうか?もしかしたら初心者を引っ掛ける落とし穴なのかもしれません。

本節では、そういった詐欺的な商材に引っかからないために、注意したい宣伝文句について紹介したいと思います。

SPEAK OUT スピークアウトHP

聞き流すだけでOK!

この宣伝文句は様々な英語商材で使われていますね。

それほど顧客にとって耳障りがよく、アピールできる宣伝材料なのだと思います。

しかし考えてみてください。

会話練習やアウトプットなしに、スラスラと話せるようになるはずありませんよね?

普段私たちが使っている日本語のように、無意識レベルで使おうと思えば、それを言葉にする練習や努力が相応に必要になるのです!

こういった宣伝文句を見かけたときは、まずは疑問に感じてくださいね。

その商材や学習方法にアウトプットが含まれているか、本当に上達すると思えるかどうか、ぜひ念頭に置いていただければと思います。

覚えるだけでOK!

暗記するだけで英語が話せるようになる、というのはあながち嘘でもありません。

グロービッシュによる便利フレーズも、まずは覚えるところから始まることになるでしょう。

しかし全く応用の効かない文章を覚えさせる英会話スクールは避けたほうが懸命です。

例えば洋画を視聴して、登場人物のセリフを覚えましょう!といったやり方は、シチュエーションに限ったセリフがほとんどなので、応用が効かないリスクがあります。

数学に例えれば「2+3=5」の数式を丸暗記するだけでは、「2+4」の問題を解けるようにはなりませんよね。

それと同じで丸暗記に頼らず、なぜそのような会話表現になるのか、根本的な理由から思考できる練習も、英会話には必要になります。

私でも出来た!あなたも出来る!系の推し方

「ズボラな主婦でもペラペラに!」

こんな感じで、他人の実例を紹介して紹介しているパターンもありますよね?

これは英会話業界だけでなく、副業や投資界隈にも使われる言葉で、わざと実績を小さく見せて、ユーザーの心を掴む手法です。

(ズボラな主婦でも英語を習得出来るのなら、私にも出来そう!)

そう思わせるための、昔からあるマーケティング手法なのです。

しかし、騙されてはいけません。

その主婦がどんな性格であれ、ペラペラになるための努力をしたことに代わりはないのです。

いや、もしかしたら、その主婦はもともと留学経験者だったのかもしれないですね。

こんな感じで商品の見せ方は様々あり、必ずしもユーザーにとって再現性のあるものとは限らないのです。

こういった宣伝文句に騙されないためにも、自分のレベルを客観的に考慮して、どれくらいの努力が必要なのか考える必要がありそうですね。

SPEAK OUT スピークアウトHP
TOPページを見る