• ホーム
  • 避妊するならコンドームは絶対必需品!

避妊するならコンドームは絶対必需品!

避妊をする際には、コンドームが必需品です。
性行為をする前に男性にお願いしにくいということもあるでしょうが、望まない妊娠を避けるためにも必ずつけるようにしましょう。
コンドームの避妊の確率は、正しく装着すれば90%以上と、高い数字を出しているからです。

コンドームの装着には、男性の協力が必要不可欠です。
しかし、装着方法が間違っていると、避妊効果が大きく下がってしまいます。
正しい装着方法は、挿入の直前につけるというものです。
中には、装着せずに挿入して、射精の前に装着するという人もいますが、射精時でなくても分泌液には精子が含まれているので避けるようにしましょう。

また、勃起してコンドームを装着したのに、しばらくしてから挿入するというのも避けた方がいいでしょう。
空気が入ってしまい、精液が漏れ出てしまう危険性が高まります。
射精後に挿入したままにすると、縮んだ男性器から精液が出てしまうことがあるので注意しましょう。

また、コンドームを使用する際に、伸びた爪で扱ったり、乱暴にすると破損してしまいます。
穴が開いていると、せっかくコンドームを付けて避妊をしたつもりでも、精子が漏れてしまい、結果的に失敗してしまうということもあります。

コンドームというのは、高い確率で避妊することができますが、失敗することもあります。
装着するタイミングはもちろん、保管方法にも問題がある場合が多いです。
例えば、お財布の中に入れるという保管方法では、硬貨によって傷ついていることが考えられます。
ゴム製なので摩擦などの刺激に弱く、劣化していきます。

コンドームは、箱などの固いものの中にしまい、傷がつかないようにしましょう。
使用期限があるので守り、装着する際はタイミングなどを考える必要があります。
女性だけでなく、男性も協力することで、避妊を確実なものにすることができます。
望まない妊娠を避けるためにも、コンドームの正しい装着というのは必要です。

コンドームには性病予防の効果もある

コンドームは避妊のために使うというイメージが一般的です。
確かに、避妊の効果は高いのですが、実は性病を予防するという効果もあります。

そもそも、性病というのは、性行為によって感染する病気のことです。
感染している人の性器や、精液、膣分泌液から感染していきます。
そのため、コンドームで直接性器同士を触れさせないというのは、性病の予防になります。

性病というのは、性器を避ければ予防できると考えている人もいますが、実は口などの粘膜に触れた場合にも感染することが分かっています。
口で性器を舐めるという人も多いですが、感染の危険があることを知っておきましょう。

口を使った性行為する場合にも、コンドームを使えば感染を防ぐことができます。
ただ、口を使った場合、コンドームは、歯などが当たって小さな傷がある場合が多いです。
性行為をする前には外して、新しいコンドームをきちんと装着してから挿入するようにしましょう。

性病は、性器にかゆみや痛みといった症状が出るものだと多くの人が思っている人が多いです。
確かに、そのような症状が出るのですが、実は症状が出ないということも多いのが現実です。
自分では性病にかかっているとは思わない間に、パートナーに性病をうつしてしまっているという人が少なくありません。

性病の治療はひとりで行っても効果がありません。
ふたり一緒に治療をする必要があります。
コンドームを使っていたとしても、保管方法や装着方法に問題があると、せっかくの予防効果も落ちてしまいます。
コンドームの装着などは正しく行い、保管も傷がつかないようにしておきましょう。
こうすることで、性病の予防と避妊の両方を同時に行うことができます。

関連記事