• ホーム
  • ピルを飲むと不感症になるって本当?

ピルを飲むと不感症になるって本当?

ピルを飲むと副作用として性欲の減退が挙げられます。
ピルを飲んでから不感症になってしまったと感じてしまうのはこの副作用が引き起こすことであって、その他にも女性器の潤い、いわば膣分泌液も今までより少なくなってしまうという報告もあります。
それが重なってしまうといつもより女性器からの潤いが足りない、濡れないのは感じていないからだ、などと連想し不感症になってしまったと感じてしまうのです。

原因としては、女性の体内には女性ホルモンだけではなく、男性ホルモンも存在します。
そして、この男性ホルモンがあることによって女性が性欲を感じることが出来るのです。
ピルとは女性ホルモンを補う薬であって、服用し続けることで女性ホルモンが一定に保たれるという効果があります。
しかし女性ホルモンは一定に保てても、性欲を感じる男性ホルモンが減少してしまうのです。

性欲とは子孫繁栄の為に生物がもつ欲求の一つですが、ホルモンバランスによって成り立つ欲求とも言えるのです。
ピルを服用すると強制的にに排卵がストップします。
そして人工的に女性ホルモンを補うことによって脳が妊娠していると錯覚を起こすため性欲の減退という副作用があるのです。
きちんとピルを服用することによって、避妊はもちろん、生理不順や生理痛にも効果があります。
生理周期を整えたり、遅らせたりすることも出来ます。
女性にとって嬉しい効果ではありますが、パートナーとの大切な時間を不感症のまま過ごしてしまうのはとてももったいないことです。

しかし、ピルを服用している全ての人にこの副作用があるわけではありません。
そのなかでも、ごく一部、少数派で起こる事なのです。
逆に性欲が増加した人も存在しますが、これも少数派で起こる事なのです。
不感症になってしまっても改善策はもちろんあります。
ピルを服用しながらも不感症や膣分泌液の減少を改善する方法がありますので、例え性欲の減退を感じてしまっても安心してください。

女性の不感症を治す薬がある!

女性の場合、ストレスやホルモンの関係で不感症になってしまったり、膣分泌液が減少して性交痛があったりなかなかsexを楽しめない人も少なくありません。
そんな時は女性用バイアグラに頼るのもひとつの手でしょう。
女性用バイアグラにはラブグラという物があり種類も様々です。
大まかにはピンクバイアグラとも呼ばれ現代版媚薬と言っても過言ではないでしょう。

ではその女性バイアグラがどんな効果を発揮するかと言いますと、全身の血流が良くなって、下半身周りの血流も良くなり、膣分泌液が増えたり性感帯がより感じやすくなるのです。
またラブグラなど不感症を改善するだけではなく、アンチエイジング効果もあるということなのです。
確かに全身の血流が良くなるというのは新陳代謝も良くなり体内の活性酸素を取り除く効果もありますので若返りの媚薬とでも言いましょうか。
それからカンジタなど外陰膣炎の治療薬として使用されるジフルカンも女性の不感症を改善するのに効果的であると言われています。

女性は膣炎などで炎症が起こると膣分泌液が減少して性交痛が起こりやすくなります。
しかしジフルカンを服用することによって、膣内が清潔に保たれ、正常に機能しますので膣分泌液も増加し、結果、不感症改善 に効果的なのです。
ジフルカンは元々は抗真菌薬として服用されているものなので正式に媚薬のような効果があると謳われているわけではないですが、膣内を正常に機能させるということは潤いがなければ正常に機能しない訳ですから立派な不感症を治す治療薬としては成り立つということです。
ピルを服用すると中には性欲が減退したり感じにくくなることもあります。
そんなときは女性用バイアグラやジフルカンを上手に利用するなど改善策を見付けておくのは大切なことです。

関連記事